So-net無料ブログ作成

RC Nagoya  [BRM編]

発足したばかりのRCNの記念すべき第一回走行会が11月18日に行われました。

私は今回スタッフで参加する為、AM6:00に愛知県知多市の新舞子って所に集合です。

5:00に二人と一匹で真っ暗な自宅を出発(今は星が綺麗ですよ~)、で やっぱり遅刻して6:30に到着しました。

新舞子ってこんなトコデス

懐かしい面々に再会  M藤号がリニューアル!こ、これは~!!凄すぎ!!

K島号までもリニューアル!! コレマタ凄し!!

まっちゃんはMTBのブロックタイヤで参戦!余裕です。

7:00にスタートして皆さんは静岡県の浜名湖方面に向かいました。かたみち100Kmでおりかえして200Kmのコース設定です。

私の任務はPC-1、3の蒲郡でおむかえ&チェック担当でしたが、PC-1に向かうのが遅すぎて、「自転車がこんなに早いんだ」と言うことを今更ですが実感しました。(つまりトップより遅かった)

そんなドジを見透かされてまこ母がキッチリフォロー、みかんの皮をむいてタッパーに入れといて参加者がすぐ食べれるようにしてあるなんぞは流石です。

みかんだよ~

みんなが折り返してくるまでにフリータイム。先ずは蒲郡お魚市場を覘いてからラグーナ蒲郡に行き、フェスティバルマーケットをうろうろしてPC-3に帰ります。

一人行方不明だったんですが無事チェックでき、全員の通過を確認し終えたらゴールに戻りました。

ブルベが初めてという方が最終走者で20:00ごろだったと思います。この日は今期一番の冷え込みで各地で木枯らし吹き荒れる中、皆さんお疲れ様でした。

無事に終えて何よりで3月の本番に向けていい感じの練習になったと思います。


R、C、NAGOYA [BRM編]

今までお世話になっていた、そして私をフランスへと導いてくれた”AJ中部”は現在活動を中止してます。
代わってこの地区でこれからのBRMを開催してくれるのが”R、C、NAGOYA”。
あの悪天候のPBP1200Kmに80時間でエントリーしあっさり(のように見える)完走されたO澤さんが中心となって発足されました。

で、早速走行会が行われるんですが 走るか、スタッフとしてお手伝いするのか迷ってます。今まで一緒にやってきたからにはこれからもお手伝いさせてもらおうと思ってます。

R、C、NAGOYAのHPは  こちら


BRM428一宮600Km [BRM編]

やりました~、いろんな意味で!
○ 何よりも今回の難コースを無事完走(何とか)出来たことが一番です。
○ これでSR取得できたこと、PBP(パリ~ブレスト~パリ1200Km)出場権獲得です。
● 今季最悪の激膝痛に見舞われました。

事前準備
今週は仕事が忙しいので筋トレも行けず毎日呑んだくれてました、けど用意だけは金曜までに90%完了。
なんせ距離が長いのと気温に幅があるので荷物が増える傾向です、ドロップバッグ(チェックポイントに待機させることの出来る荷物)OKなのでウエアー中心で2箇所に持てるだけ詰め込みます。
GPSはマタマタ ダンゴ虫さんからマップ貰っちゃいました、直前にコース変更が有った為そこだけ自分で直して楽させてもらいました(全部やってたら間に合わんかったなぁ~、ほんまにありがとさんです!)
木曜は整形へ行って両膝ヒアルロンサンを注入、これが何処まで持つのか未知数です。
「GW前半は好天に恵まれて・・・」と言う週間天気予報は見事に外れて土曜は雨らしいです、それもかなり冷え込むとのこと、この時点で あんなに寒い とは誰も予想せんかったやろなぁ~。

当日(28~29)
駐車場でじんじんさんと初対面(じゃないけどそーなん)、3週連続600Kmの3回目だそうで自分には遥かにムリなことで「いや~恐れ入ります」おまけに遠征してるんやから!
スタートは愛知県一宮市の138タワーがある公園です、去年1000Kmもここからでした(出れなかったけど)。ここから開田高原~ごんべいトンネル~長野県豊科で折り返して一宮に帰るルート、標高1000m超の峠が3箇所有る難易度の高いコースです。
PC-1まではM藤さんを先頭にいつもの様なメンバーでじんじんさんも加わってわいわいガヤガヤ進んで到着、H瀬親分にブルベカードにチェックしてもらいます、トイレとドリンク補給してスタート じんじんさんのみ補給なしで先に行かれたそうです。放生峠手前で二人組みに引いてもらいます、一人はラルさん?かな~と思うんですが以前のイメージと違うような、けど三角反射板付けてるしな~。悩んでたらじんじんさんに追いついて5人で峠越え、びゆ~んと下ったらダンゴ虫さんが「足つった!」で休憩、あと3人は先行されました。馬瀬川沿いから天気が急変して雷雨になりました、ここで雨支度「土砂降りやな~」と思ったらヒョウまじりでした。「うひょーっ」 おまけに「道路わき雪積もってるしー」波乱を予感させるのに十分、「もうごっつあん」。
雨がやんでPC-2に到着ここまで103Km、先行3人はすぐに出発、ここでは皆 脱カッパ、私はシューズカバーのみ付けてPC-3胡桃島温泉へ出発、トラックの多いR41を北上し秋神ダムへと向かいます、途中で又雨 カッパ上だけ着て再出発、PC手前で本降りになりましたがそのままゴール、ここはグルメなPCでお楽しみです 今日は何でしょうか?じゃ~ん!

岩魚丸ごと唐揚げ!ご飯、味噌汁
(復路のこのPCのメニューは けんちゃんやき で、2食分でなーんと 500円!!)
身も心もお腹も満足した後は今回最大の難所長峰峠(1350m)越えです、出発前にK島さんのバイクにトラブル発見、ナットが緩んでるらしいんですがレンチがないとの事でうちらでは手に負えずお先にスタート。
おなじみですがいつものおじさんコンビ(ダンゴ虫さんと)で「えっちらほっちら こがにゃすすまん」てな感じで走ってると小雨のち雪に!世間はゴールデンウイークなのに俺たちは雪の中を自転車コイで峠越え??「こんなアンバランスを誰かに説明してもあんまり理解してもらえやンな~。」当事者ぞのみ知りうる現実だけど とにかく進みます。カッパタイムの間にM藤、Hさんコンビが合流暫く4人で走行中に事故、最後尾のHさんが単独転倒 体を打ったみたいです、後ろ髪引かれましたが後は本人に任せて3人で再スタート、結局走れたみたいで直ぐ追いついてきました よかった。
長峰峠を明るいうちに越えようと言う希望はスレスレ叶いました(このあたりで200Km)、R19木曾大橋までの下りでライトオン 低い気温、濡れた体、濡れた路面で60Km/H以上スピードの出るダウンヒルを11Km走ると人体に危険です、すぐ近くにあるコンビ二に緊急ピットイン(PM7:00)、おにぎり(暖めない派ですがこの時だけはチン)、カップラーメン(中に手が入れたいくらい)、Tシャツを購入で体温を上昇させます、最中にO澤さんがノンストップで通り過ぎてくのが衝撃的でした、シェー、ウルトラスーパースペシャルレディー!!
さあもう一丁、ごんべいトンネル越えれば峠3兄弟クリアーです。峠の入り口でO澤さんに追いつきました、ちょっと前をHさんそしてうちら(私とダンゴ虫さん)、間をおいて単独O澤さん。峠の温度は0度です、夕方に雨が上がり天気が回復して放射冷却でどんどん気温が下がろうとしてます(テンションはとっくに下降線)、「帰りは氷点下やね」 嫌な言葉。伊那市への下りは路面は乾いてましたがとにかく寒い、「もう下りはゴメンして」状態で「のぼりはOK!」いつもと反対 人は追い詰められると優柔不断を極める ことが判りました。先行のHさんがルートが?で合流、3人でPC-4に到着あと50Kmになりました。
PC-4はショートストップ こんなに寒くちゃドリンク(よ~く冷えてます)も飲む気になりません。
PC-5までは平坦だと思い込んでました、緩やかですがいつまでもイツマデモ上ってそして逆に下って行きます。後から聞いたんですが 分水嶺だったそうです。「はじめに教えてよ~!」 街の中で色んな店があって飽きなかったのが幸いでした。(ラーメン屋が多かったような・・・) 豊科はスキーでよく来るところ、いつも車でやっと着いたとホットしてましたが まさか人力で いやはや自分を褒めたいです。PC-5手前でじんじんさんを含む3人が折り返してきました、お決まりの「お~い!」でご挨拶します、PC-5ではH瀬親分がお待ちかねでした。Hさんが「隣のラーメン屋に入ろう」と強気なので3人でラーメン屋に行きます(多分Hさんはこのラーメン屋を楽しみに300Km来たような気がした)。ドロップバッグを受け取り着替えました、もしやと思い真冬ウエアーを持ってきて大正解、三重県じゃ真冬でも体験できないことを4月の末に体験することになります。これですっかり寒さしらずです、あとは帰路の胡桃島で脱げば作戦通りOK。
では帰ります、街中じゃ暑いくらいでしたが郊外ではそれでも寒かったです。
それでも の内訳
冬用ソックス、シューズカバー、レーパンの上にアソスの冬用タイツ、ノースリーブのアンダー、長袖アンダー、買ったTシャツ、半袖ジャージ、アームウォーマー、春秋用ジャージ、パールのカッパ、冬用グローブ以上です
感心したのはアソスのウエアーは適応温度範囲が広くすばらしいこと今年はフグジャケット買おうかな~。
分水嶺を越えてPC-6に向かう途中で次々と後続のメンバーとすれ違います、遠くですれ違うほど遅れてることになるので段々気が重くなるんですが言葉では励まします。難コースだけど皆すごいです。途中で普通に変速しただけなのにチェーンが脱落、すぐ復帰したけど嫌な予感です。Hさん、ダンゴ虫さんに追いつくのに30分ほどかかりおかげで目が覚めました。
PC-6ではO塚代表が待機してました、寒さですでに9人リタイアとのこと 「しょうがないよな~。」一同納得です。 
ごんべいトンネルまでの上りでは「寝ながら漕ぐ」ことに決定、ふらふらしながらそのうち着くことに任せます。トンネル内で眠気がピークになりSOS電話の横で15分ほど仮眠 ほこりっぽくて目が覚め出発、トンネルから出ると空が明るくなってましたが気温は-3℃らしく下りで指がカチカチになりブレーキも満足に握れません。寒さと長峰峠に備える為に緊急ピットイン やっぱり汁物で暖をとりますがなんとダンゴ虫さんは「店外は寒くて我慢できん」と雑誌コーナーの前でラーメン食べてました。木曾の中来さん(なかのりさん)は春から寒すぎですよ!
激坂はゆっくりでもいつかは頂上に着くことを信じてクリアーするしか方法がないことが良く解りました、11Km分我慢した結果到着 なのに又下って上るんです(リピート)開田高原lは自転車通行禁止令を出してくれ~!
ところがいいことも有るんですね~。ご覧ください

朝日に映える御嶽山、びゅーてぃほー!昨日の雪で一段と白くなりました
そして長峰峠頂上 峠の茶屋(418Km)

こっから岐阜県です
後はどんどん下ってPC-7へ、この時は胡桃島温泉で何が食べれるのかな~と言う楽しみのみで向かってました。AM9:10ごろ到着 メニューは けんちゃん焼き って?初めて聞いて食べたらうまうま!これは酒のつまみにサイコーなんだけど鶏肉のどの部分なのか良く解らんかったです。
ここで450KMですが400Kmを越えた辺りでかなり両膝が痛み出してたので大事をとってゆっくり休むことにします、ダンゴ虫さんの帰りの新幹線とか迷惑かけても申し訳ないし、そのことを告げて温泉に浸かりました。2個目のドロップバッグで春使用に着替えてAM10:00ごろ出発、休憩の甲斐あって痛みはかなり治まってました。
PC-8まで一人旅 ムリせずかつだらだらしないペースで膝を悪化させないように軽めのギアで進みます、思えば 昨年の堺600Km以来一人で走ってないな~、 一人でならいつももっと遅いんやろな~、など思いながらPC-8に到着 一応「前の人何分前に来ました?」って聞くと20分位との事 追いつくとは思えないので念入りにストレッチしてから出発、あと100Km されど100Kmです。
飛騨川からいっきに上ったら下り基調になります、馬瀬川沿いはアマゴ釣りの人で賑わってました。ここは有名で関東からも沢山の釣り人が来ます、(多分ですが夕べから冷え込んだので釣れにくいでしょう)ブルベに出る前は2~5月は釣り専門で自転車は6月からと決めてたくらい好きです。
ダムから下ると向かい風でこれで膝痛がいっきに目覚めます、放生峠前に5分休むと決めてマッサージ、ストレッチするも全く効き目なく諦めてスタート、なんと前にダンゴ虫さんがいました これまた偶然にちょっと前で休憩してたらしいです いやはやまったくやっぱりこのコンビでしょうか。
帰りの放生峠は楽なんですがそれが登れず初めての 押し が入りました、歩くのは何ら問題ないことと押しても4Km/H出ることが判り変に得したような、てっ辺で待ってもらって気持ちよく下ります。向かい風なんですが引っ張ってもらってるので何とかついて行けます、PC-9を過ぎたら残り44Km あとちょっとの我慢ですが以外にいつもこの辺りから遠く感じ始める距離でも有ります、案の定予想外に上ってたりとか距離が長いとか言いながらも遂にゴ~ル!
33時間38分 あと5分早かったらぞろ目やったのに~。対前年比+5時間が難コースと想定外の気候であることを物語ってます。お疲れ様でした ふぅ~っ。


メダル [BRM編]

2006認定メダルで[SRメダル]のみ本家のフランスで欠品してたのがこのほど我が家に到着。

200、300、400、600Kmを年内に順次取得するとSR(スーパーランドナー)として認定されます。
今年SR認定されると8月にフランスで4年に一回(今年)開催される[PBP(パリ~ブレスト~パリ)1200Km]に出場する権利を得ることが出来るわけです。
私の場合あと600Kmのみです(4・28/29) ガンバルデ~!


BRM331豊田400Km [BRM編]

豊田市発着の400Kmブルベに出場しました。
コースは北上して岐阜県恵那市まで行き愛知県豊橋市まで南下、そこから200Kmコースを逆走して猿投から折り返してゴール、という前半にキツイ設定です。
水源公園が桜の名所の為変更、初めての場所にちょっと迷いましたが6:40到着(今日は早すぎやな)意外に寒かったです。
ブルベも距離が伸びるほど参加者が選りすぐられつつありザット見て30人位ですね、今回は 最近ほとんど乗ってないのでお尻がもつかな? やっぱ夜雨降るやろな・・・(さぶ~) 新しいライトが楽しみ! 居眠りするかな?の4本です。
雨具の用意(カッパ上下、シューズカバー)をしっかりして8:00にスタート、まずは23Kmのクイズポイント{横断用押しボタンスイッチに描かれている物の名前は?}「このはけいぶ!」ですね。しかし今回もまた聞かれることはなかったです。
次のポイントのサークルKはマタマタ閉店寸前で今日が最後らしく店内には商品がほとんどなく「何を買えば??」 厳しいレシートチェックポイントでした。明らかに儲からんようなところにあるコンビ二ってやっぱね~、素人目で見ても大体は想像つくんやけど・・・・・。
67KmのPC-1ファミマ瑞浪稲津店までは小さな峠をいくつか越えましたがそれほど辛くなくその先の19号線はトラックが多いし恵那まで予想外に上ってばかりで今回のハイライト直前に精神的、肉体的に浪費しました。やがてそのハイライトをグイグイ登ります、区間距離にして11Kmでタイムリー岩村中央店ですが久しぶりに左膝にかなりの痛みがきました、色々踏み方を変えてはみるのですが治まる様子がなく我慢の走行で到着、ちょうど100Kmと12時過ぎてたので昼飯タイムに。焼きそば&お好み焼き&稲荷ずしをオレンジジュースで流し込みます。(ん~ 食べすぎ!!)
さてさて出発ですが 「いったい何処まで登り続けんの?」「130Km位まで」いやいや「150Kmまで」など気になる辛い情報を背負って登り始めますが最初こそキツイ上りであとは延々ダラダラの 上り1本道、似たような景色で私、ダンゴ虫さん、Hさんの3人は「つまら~ん」「ひま~っ」「いつまで上るんじゃ~」と悪態ついてました。(スタッフの方にスマソ) 
やがて「峠」と言う名の喫茶店の向こうに「このさき5Km下り坂注意」の看板が見えたとき3人とも感謝感激雨アラレ「やっほ~っ」「やった~っ」「ヤッターマン」おまけにPC-2はあと5Km「下りっぱなしジャ~ン」下り大好きダンゴ虫さん先頭に「うさばらしじゃー」
PC-2サークルK設楽清崎店に着くと先頭のM藤さんK島さんが出発されました、ここで膝痛対策に靴下を購入、踵から上をサポーターとして膝に巻くことにしました(我ながら頭いいかも・・)出発寸前にとうとう雨が・・・・、カッパの上だけ着て発進しましたが結局すぐ脱ぐことに、どんどん下って新城市までくると湿度が高いようでモワットした空気です。やっぱ降るんでしょうね・・・・・。

どですか?靴下サポータ、カラーコーディネイトはこうでねいと。
PC-3からはまた5人になりました。ここからは平地で残り200Kmですが膝が持つかな~?かなりビミョーでドキドキものです、次の通過チェックはおなじみのサークルK竹谷店です(217Km)ここで晩飯、牛丼とオレンジジュース、段々食べ物に飽きてきたな~感が大きくなってきました。そうそう今回GPSはマップをダンゴ虫さんから丸写しで絶好チョー、取り扱いも覚えて自分ひとりで出来るようにナリマシタ。(先生有り難う!)
出発直後に前を行くダンゴ虫さんが道路を指差します、「????」「うわ~っ、猫の死体それも挽き肉直後をひーてもーた!!!」「何でもっとちゃんと教えてくれんカッタン」ゴールまでの安全を切に願うばかりです。
知多半島に入ると皆のペースがUP!(と思われる、膝痛より足が回らなくなって とほほ・・・・)ここでちぎれて一人旅でいいや と言う諦めが思考力の大半を占め4人はどんどん遠くに離れていきました。さみしーと思う気持ちとこっからは自分のペースで走れる!という楽な気持ちが頭の中でチカチカ点滅してました、けど 皆は信号とかで待っててくれるんです。そっから又嬉しさ半分辛さ半分で必死に付いてくんですがやはり無理で・・・・。そんな間に282KmサークルK師崎店に一人ちょっと遅れて到着「開放されたい」気持ちと皆の足引っ張ってる後ろめたい気持ちでまったく楽しくなくて出発後についにプッツリ途切れました。ここでM藤さん、K島さん、Hさんとお別れ、ダンゴ虫さんが私に付き合ってくれて残ってくれました。(ほんとに 有難うです)
夜が得意のダンゴ虫さんにとって私のペースは歯がいかったと思います。途中でとうとう雨が降り出しましたがカッパを着るタイミングがピッタシでおまけに気温が高くて寒くなくちょうどいい塩梅でした。バイクの雨対策もマッチングよくて土砂降りになりましたがおかげで眠気覚ましになり楽しんで走れました。

ダウンチューブ下に泥除け(ゼファール)、シートステーから透明梱包テープの泥除け(これはパクリです)
最後のPC-7サークルK豊田野口町店(378Km)でライトの電池交換をしました、クロップスの方はピークが2時間位までなのでゴールまでのメインに使うべくパワーUP!キャットアイは下降線で一晩持たなかったな~。

ライトはこんな感じです
ここからはずっと下り基調なので気分はクルージングですが霧がかなり出てて視界は良くなかったです、ゴールにあと10Kmほどになった時それは起こりました。センターライン上付近を走ってたダンゴ虫さんがいきなり前転!!(縦にですよ) 運悪く道路中央部にタイヤ1本ぶんの亀裂があって(深さ約30cm)そこにスッポリフロントホイールがはまってロックアップ!したらしいです。暫くは本人も事態の理解が出来ず???けど体は打撲のみで奇跡的に助かりましたがホイールが変形、ブレーキをフル開放してどうにか走れる状態にしてゴールまでチンタラ流すことにしました。(あと10Kmでよかったです)
結局19時間50分でゴール、以外に早かったのは前半飛ばしたからかな~。
けど今回は私のペースに付き合ったダンゴ虫さんがこんなことになって素直に喜べないのがちょっとね・・・
*しかし今頃書き終わりましたよ*


 


BRM303堺300 [BRM編]

堺300Kmは午前中に仕事が残り参加辞退しました、天気も良くて(最高気温21度)走りやすそうだったんで残念です。
で 急いで仕事済ませて折り返し地点のサークルK名張赤目店に様子を見に行ってきました。
3:30ぐらいに到着 早い方はとっくに出発しててちょうどピークな時間帯です O塚さんに挨拶してライトやら前回(BRM224豊田300)の話題などでおしゃべり、それと犬好き同士で又盛り上がり邪魔ばっかしてました。

ライトは今話題の3Wとネコメの520を早速買っちゃおっかな~。


nice!(0)  コメント(0) 

BRM224豊田300Km 後編 [BRM編]

後編です 前編を読んでからにしましょう(ただでさえ乱文やし)

さて 残り半分150Kmです 
Pc-4サークルK豊橋小向店目指します、初豊橋なのでキョロキョロ いろいろなお店がありました。
そして到着 ここもレシートチェックなのでGPSの電池を買うことにしました (ろくに役に立ってないのに電気食うんです) そしてショートストップにて出発 ここでS井さん(たぶん)と3台になり伊良湖岬目指します、渥美半島を左回りに一周することになります 途中はこれといった景色もなく淡々と進むのみで面白みに欠けてました(地元の方に申し訳ないですが・・・) 突然にダンゴ虫さんが
「みっけ~!」
見れば遥か彼方(が見えるくらいに何もない)に自転車のテールランプが!暇してましたのでいい刺激に、 だんだん追いついて合体 Y田さんでした、Y田さんといえば還暦!還暦にしてこのパワーに恐れ入りました。しばらくして気づくと うちら だけでいつの間にか2人は千切れてしまったみたいです。
だんだん暗くなって ライトオン まだ伊良湖岬につかず 今回一番長く感じた区間でした
Pc-5サークルK伊良湖岬店に着いたのは6:00過ぎてました、とにかく寒くて外で夕飯を震えながら食べ、店内に暖をとりに行きます この世のコンビ二の全てがミニストップやったらな~。
とにかく走らないと暖まらない悲しい状態でクルクル回し続けるネズミを想像したりして気持ちもダウン スタートして暫くはウオームアップタイムです。
後ろから誰かずーっとついて来るので振り向くとS井さんでした、Pc-6セブンイレブン豊橋伊古部店まではR42号線をひた走ります 「こんなとこにも42号線在るんやな~」
この42号線が曲者でアップダウンの繰り返し、「絶対に上った分 下ってない」てな気分になりますがそれはやっぱり気のせいでした。(最後にガーッって下りになると思ってたんやけど)
それと何時もなんですが不思議なことがあってダンゴ虫さんは日没と共にやたらパワーUPするんです、日中ヘロヘロしてても月光と共に「ぅわお~ん」てな感じで「狼男かい!」ってつっこみ入れたくなります。本人も「なんだか判らんけど力がみなぎる」らしいんですが・・・・(そーいやそんな名前でした)「いったい 何時まで続くのかなー」知らない土地で真っ暗で自転車でしかも2月なんてなかなか経験できませんよ~。がまんがまん なるべく距離と時間を気にせずしてようやく到着、が・・なんとM藤さんが出発寸前にビックリ!
「何で今ココにおるん」 なんでもI槻さんとまっちゃんに付き合って疲れたらしいのです。早すぎで~す!!Pc-5でナポリタンスパゲティー食べてからすごくのどが渇いて寒いのにドリンクボトルが空っぽになったのでその補填でレシートチェックしました。
さあ あと50Kmですが ここからは風向きが悪くなります おまけに最もくねくねの分かりにくいルートです 簡単だと2時間ですがたぶんむりだろな~(これが全然むりだったんだな~)
8:40に出発 思ったほど風はなく豊橋市内に帰ってきました これで渥美半島一周しました。
ここを路面電車が走ってました、いい感じの豊橋市内ですよ。

この後珍しく立ちゴケしました 立ちゴケべた なんですがなんとうまくほんとに笑えるくらいうまくころりと路上で天地が逆に!!皆が体や自転車の心配をしてくれますがご無用で「これならなんかいでもこけたる」くらいうまいので笑うしかありません(自分で自分が見たかった)
270Km地点でダンゴ虫さんがパワーダウン、スピードが出ないらしいです。つまりそれはパンクであるわけですよ!「どーすんの!」「なんで?」それはパッチ修理したとこから空気漏れしてたみたいでした。(パッチはあくまで応急修理です)
修理中の狼男

ラッキーなことにこのとき4人いてS井さんがチューブとco2を提供してくれました(この時ほどダンゴ虫さんってつくづく幸運な人やナ~と思いましたよ)
修理が済めばパワー復活 えらい飛ばします「まさか チューブオーナーを千切ってくんやないやろナ~」それが心配で前に後ろに気を配りPc-7に到着 岡崎まで帰ってきました
ここもレシートチェック 何も買うものないのでガムを買いました。
ここからは知ったるルート 何も見ずにでも走れます
しかし夜の市街地走行は刺激ありすぎです とくに外食店近くはいい匂いが・・・コンビニばかりの食事に飽きてるのでなおさらです「あ~○○くいた~い」と叫んでます
そしていよいよゴール!11:10おっそ~ けどめっちゃおもろかったな~ 今までで一番面白かった!こんなにはちゃめちゃでいいんでしょうか?(いいんです!)
なんとか膝がもってGPSはパンクの先生に教えてもらって風もうまい具合に利用できてなんだかんだ結構うまくできたほうじゃないですか。特にパンクに関してかなり知識が豊富になったのは言うまでもありませんよ。本日チューブ交換4回、CO2カートリッジ5本使用しました(300Kmで記録更新か?)
{教訓  早めのタイヤ交換はパンクの防止策}



nice!(0)  コメント(0) 

BRM224豊田300Km [BRM編]

2007ブルベも300Kmに突入です 今回はBRM224豊田300Kmに出場しました。
豊田300Kmは前回同様に豊田市水源公園発着です しかし100Km延びた分渥美半島の往復がプラスされました 渥美半島と言えば 温暖 で今は菜の花で黄色に染まったイメージです、さてどうですか?ねえ。
今回のキーワードは 膝 GPS 防寒策 ですね

さて スタート前に皆さんと恒例のご挨拶&雑談で和んでるうちにスタートです 今回うかGさんにご挨拶予定だったんですが見つけられずに持ち越し「申し訳ございません」
そして何時もの相方 ダンゴ虫 さんとご一緒に!今日はGPSの先生ですから よ~くゆ~こと 聞きましょうね。なんでも「今日はパンクしそう」らしいです (実はこれが今日の・・・・・・)
M藤さんを先頭にまっちゃん、うちら(私とダンゴ虫さん 以下省略)、以下多数ですがスタッフ兼任のI槻さんがぶち抜いてってバラバラに 早すぎ~!!
PC-1

PCー1にはそのI槻さんがいてカードにチェックしてもらいます スタート早々なのでここはサラリと出発です 次はPC-2師崎ですが65Km地点でダンゴ虫さんがブルベ初のパンク!(予言的中!)
陽だまりでチューブ交換X1

ココはひとつよ~くチェックして1回目のチューブ交換(まあ たまには しゃーないっしょ)
再スタート後は風に押されて順調にPC-2に到着AM11:45 約20分の遅れです。12時近かったので早めに昼飯にします 今日は風がとても強くて冷たいのでコンビ二周りで休憩するのがつらいです 冷えたからだで出発 ここから衣浦大橋まではお約束の向かい風 ここでなんと愛三工業チームに遭遇、あっとゆうまに消えました(あたり まえだのクラッカー) ここでパンクで遅れたK島さんと連結、PC-3までの向かい風が凌げました ありがとうございます
PC-3(110Km)はレシートチェック 大切に仕舞って6台で出発 10Kmほど進んで叫び声が・・・・
「また パンク!!」  By だ
「え~っ!ほんまぁ?・・・・・と、とりあえず皆さん先行っちゃって下さい」  By K

「ちょっとずつ抜けるけん 細いなんかがささっちょるけん」  だ
「ほんま しっかり 完璧に見た方がええよ これが最後ちゅうことで」  K
「あった~!これこれ よいしょっと ふぅ~ モー大丈夫!」  だ
「じゃあ 俺のチューブ はいどうぞ!」   K
「CO2でプシュ~と・・・・・あれ?バルブが外れて壊れた!!」  だ
「OK! バルブの螺子をきっちり締めてと 俺のCO2でプシュ~・・・・・・シュパ~ッ(バルブから抜ける音)」  K
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・うっ。」  だ&K
「もう 予備ないし・・・・・ 。 さっきのチューブにパッチ充てるしか・・・・・  。」  K

で 最後のCO2も使い切りパンクのスペアは何もなくなりました。「又 あったら・・・」とか「今日はタイムアウト?」とか「次にどちらがパンクしても ほったらかしてく」などなど 非常に無責任な発言がすらすら出てくる うちらでした。

そして 約150Kmの蒲郡にたどり着き 後半分 今から渥美半島周って豊田に帰ります。
膝は相変わらず痛く GPSは全く仕事してなく 一人ではお互い今回どうなったか・・・・

のこりは次回のお楽しみで!(楽しいかな~?) 今回は前後編2部仕立てです。
  


nice!(0)  コメント(0) 

いよいよ明日! [BRM編]

いやはや 明日は晴天らしく ほっ! と一息です。
風が強そうなのですが 「まーまー 雨よりは」てなかんじです。
明日の300KmはAM8:00スタートだから できたらPM10:00までにはゴールしたいです。ま しかし 何があるかわからんし 何があってもおかしくないので あくまで予定で・・・・
GPSもチョイ慣れて ナイトランもあるし あとわからんことはダンゴ虫さんもおるし 心強いなあ。それと うかGさんにもご挨拶して いろいろ楽しみです。


nice!(0)  コメント(0) 

大阪発 大阪着 第2章 [BRM編]

結局 7:30スタートになりました。さすがAJ Kinki なじみの面子がいないので少々不安ですが 
「まあなんとかなるやろ」ポジ精神で!おっと 最年チョーK浦さんも同じですよ~。
今回のコースを大まかに言うと大阪南下→関空から東へ→和歌山→紀ノ川沿い上る→奈良の五条でUターン→大阪 堺に戻る と言う完全往復コースです。
そしてなんと言ってもGPSデビュー&改造GPSホルダーの実践投入がどうなるか?少々不安なんですが・・・ 実はスタート地点でGPSは「高速に乗れ」とちらつかせてるのでO塚さんに聞いたら「走り出せば直る」とのこと  信じてますよ~!!
まずは りんくうファミリーマート店目指します。ここまでは事前情報通り信号地獄ですが4台で仲良く もち私は引っ張ってもらってますが・・・  前で引く方のサドルバックに「Y田N夫」の名前が!!この人がシーズンオフにAJのHPで会長と意見したあの・・・・・  結局その話題には触れず到着しました。ここで7:00スタートの方10人に追いつき私は休憩なしでご一緒スタート AJ中部のHPでおなじみのN田さんと合流、ご挨拶 さあこれからは今回のピーク 雄の山峠越えです。
行きは緩やかに優しく上ってるんです この辺りまでは600Kmで走ってるので不安なし、ジェットコースターみたいに下って民家の脇の旧道へ ここからいよいよGPS君お願いです。ところがどっこいナビゲーションがここでEND どーして?おまけに一人ぼっち!昨日見た地図を思い出しながら 雰囲気 でPC-1のコンビニに辿り地きました。(へへ 結構やるっしょ!)
PC-1はこんな感じです
コンビニで補給を済ませGPSのナビゲーションを再開させてスタート。
ここから折り返しのPC-2奈良県五条市のローソンを目指します ここでも3人組→青ジャージさん→
スタッフF井さんと 素晴らしく「金魚のフン作戦」でつなぎ到着(事あるごとに後ろにくっつく) そ-そー 30分前に折り返したまっちゃんとすれ違いました(これがトップ中のトップ)
ちょうどお昼なのでおにぎり2個、カップうどん1個、ジュース1本タイラゲテ あと GPSを軌跡ナビに切り替えて・・・・・ あれ どやってするの???しょーがないのでそのまま出発 けど出来そうなので走りながら ポチポチやってる内に 成功~!(良い子の皆さん真似しないで!)
8:30のスタートのかたでしょうか?まだまだ前からやってきますよ。皆さんに挨拶しながら140Km地点で前に出たオレンジさんの後ろを またまた「金魚」です。帰りは結構な向かい風で より金魚であることが有効で風を受けると膝が痛くて 申し訳ないのですが後ろばっかで・・・・ そんな間にPC-3に到着 前を行くF井さんがそろそろ出発のころでした ここではきっちり休憩して今回のハイライトに備えます。オレンジさんはまだ出ないとのことで「追いついてきてください」と のこして単独出発、この時に9時間内は無理だと分かりました。(遅いよ!遅い!)
さてさて 雄の山峠超えるしかないっしょ(当たり前ですけど) リヤのカセット27付けてて良かったよ~、けど止まりそ~、前にいる方は降りて押してるのが見えました 心拍数は170オーバーです 通行量が多い割には凄い九十九折れで 「ちょっと珍しいんとちゃう」ぶつぶつ独り言で気を紛らわして何とか登頂 これで今回貰ったも同然状態でひゅ~と下ってレシートチェックのりんくうファミリーマート店に向かいます。
とーくに有るのが関空への橋です コギながら撮影(良い大人は真似しないでください)
りんくう店にF井さんもいて私がショートストップだったので同時に出発 これまた引っ張ってもらいました 当然 前に出れる訳なくそのままゴール 9時間45分でした。
ゴールのテントです

とりあえずGPSホルダーはバッチリでした ここにその性能を保証し表彰します。以下同文
GPSナビは何とかかんとか デビュー戦ではこんなもんですか・・・
さあ つぎは2月24日BRM224豊田300Kmです 膝ど~かな~?


nice!(0)  コメント(0) 
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。